未分類

Alzati手首専用サポーターの使用体験レポート

私がAlzati手首専用サポーターを購入した理由

40代女性、ウェブライターです。

私の家は庭が広く、家庭菜園やガーデニング、DIYが趣味です。植込みの剪定や草刈りも時々していますが、そのとき、右手首に違和感や軽い痛みを覚えることがありました。長時間作業をしないようにしていましたが、最近になって、家事や仕事中にも違和感や痛みが出るようになりました。

特に、手首の小指側が痛いことから、スポーツ選手にも多いTFCC損傷(三角線維軟骨複合体の損傷)とわかりました。

手首の関節を動かさないときは気にならないのですが、手首をねじったりスナップをきかせたりする動作で痛みを感じます。

重い片手鍋を持ったり、炊いたご飯をしゃもじで混ぜたりする作業でも痛みを感じました。特別な作業だけでなく、日常的の様々な場面で手首を酷使していたのだなと改めて気づかされました。

できるだけ安静にしたいですが、仕事や家事をしないわけにはいかないのでテーピングを始め、固定力の高そうなAlzatiの手首サポーターを使用してみることにしました。

手首専用サポーターが届いた

Amazonで注文して、翌々日には届きました。

入っていたのは以下の3点です。

  • 手首専用サポーター
  • 取扱説明書
  • 検品済みの紙

検品もしっかりされており、安心感があります。

長い説明書は読み飛ばしてしまう私ですが、こちらは1枚にわかりやすくまとめられていて、とても親切だと感じました。

Alzatiの手首サポーターは腱鞘炎やTFCC損傷の他、捻挫や骨折、手根管症候群など、手首のつらい痛みに効果があるそうです。

手首サポーター本体は、掌側と手首側にそれぞれ1枚ずつプレートが入って、手首全体をカバーできるようになっています。夏場は特に着けると目立ちますが、スポーティーでかっこいいです。

手首サポーターの着け方と着け心地

さっそく装着してみました。

私は女性にしては手首の骨格が太めですが、ベルトのマジックテープが伸びるので、S/Mサイズで余裕でした。

着け方はサポーターを広げて穴に親指を通し、2つあるマジックテープを1つずつ留めるだけととても簡単です。

親指の穴や手首に固定するベルトを見れば、着け方は直感的にわかりました。しかし説明書の理学療法士のワンポイントアドバイスを参考に着けると、自己流で着けたときよりも装着感やホールド感がよくなり、締めつけ感や違和感が減らせます。ですから、説明書は装着前にきちんと読むことをおすすめします。

〈装着のポイント〉

  • ベルトは、手首側(一番上)からつけると、しっかり固定できる
  • ベルトの締めすぎは血液の循環障害を起こすため、注意が必要
  • 掌側のプレートを掌に合わせた状態でベルトを巻くと、しっかり固定できる

2枚のプラスチックのプレートが添え木の役割を果たし、手首のねじれを防いでしっかりホールドしてくれます。

届いたのは真夏で、着けているときに蒸れないかが心配でしたが、プレート以外の部分は通気性のよいメッシュ生地を使用しており、実際、室内ではほとんど蒸れや不快さを感じませんでした。

手首専用サポーターの使用感は?

家事しているときの使用感

家事では、重たいフライパンや片手鍋を持つ、しゃもじでご飯を混ぜる、掃除機や箒を使う、トイレブラシで掃除をするときなど、柄のついた道具を使うと特に手首に負担がかかります。

また、運転中のハンドルの切り返しや、重たい車のドアを閉めるときも痛いです。

手首の痛みを日常的に感じるようになってからは、なるべく右手はかばうようにしていますが、やはり利き手が使えないのはとても不便。掃除機も左手ではかけにくいし、慌ただしい日は、右手首が痛いのをつい忘れて、重い片手鍋を持ってしまうこともよくあります。

手首サポーターを装着すると、手首の関節がしっかり固定されて一本の棒のように使えるので、痛みや違和感が軽減されます。フライ返しで返す作業も、手首を固定して腕全体で行うと、かなり楽です。サポーターに慣れると、うっかり装着したまま洗い物をしたり手を洗ったりしそうになるくらい、違和感なく使えています。

デスクワークしているときの使用感

パソコンのキーボードを打つ際は、手首の位置を固定していればそこまで痛みませんが、マウスを大きく動かしたり、長時間連続してタイピングしたりすると疲れや痛みを感じます。

痛みを感じてからはなるべく音声入力にしていますが、カーソルを動かす作業や調べものの際はどうしてもマウス操作が必要です。

手首の可動域は若干狭まりますが、マウスを動かしても手首がしっかり固定されているので、傷みが大幅に軽減されました。

厚みがあるのでパソコンの形状によっては少々ひっかかりを感じることもありますが、その反面、適度な厚みがリストレストの役目も果たしてくれているようで、疲れを感じにくくなりました。

手首サポーターのお手入れ方法

お手入れ方法は、手洗いして自然乾燥させます。縫製もしっかりしているので、問題なく洗えました。入浴中ついでに洗えば、手間も感じません。

ただ脱水機や乾燥機が不可であること、夏場は手汗をかきやすいこと、家事や庭仕事中は汚れも付きやすいことから、洗い替えにもう一枚欲しいなと思います。

使用体験談まとめ

いくら気をつけていても、生活の中で手首の関節がねじれてしまうのを防ぐのは難しいです。しかし、このサポーターは添え木のようなプレート入りで固定力が高く、特に痛みが出る小指側の関節も安静を保てるので、とても頼もしいです。

庭仕事も控え気味でしたが、サポーターをはめれば、左手で右手をサポートしながら植物のお世話もできています。

着けていると痛みも減るせいか、慣れると厚みも気にならず、装着感は自然に感じられるようになります。

ただ、厚みがネックでサポーターの上にゴム手袋をはめられないので、調理中で衛生面が気になるときや洗い物のときは外さなければなりません。

対策として、調理中は防水タイプに、重い鍋を持つときや瓶のふたを開けるときはこちらに着け替えるようにしたいと考えています。プレートのホールド感が気に入っているので、可能ならこのタイプの薄手や水仕事対応の商品があるとうれしいです。

固定力の高いAlzatiの手首サポーターをこれからも使い続けて、手首の負担や痛みを和らげながら、毎日を快適に過ごしたいと思います。

友だち追加

営業担当
LINEで友達追加することをオススメします。私、営業担当が定期的に「LINE@登録者限定のサービス」や「新商品の情報」「お得なクーポン」などをお届けします。もちろん、お問い合わせ、質問なども気軽にしてください!

-未分類

© 2022 Alzati公式ブランドサイト Powered by AFFINGER5